白漢しろ彩 試してみた!先ずは43歳のおっさん

赤ら顔に悩んでいる女性(男性も実は多い)の救世主、
和漢化粧水 白漢しろ彩を今から試してみようと思います。

これからしっかり試すのは、Yusaというアラフォー女性(義理の妹)なんですが、
彼女は、極度の敏感肌のため、その前に、義兄として試すぜぃ!といった感じ。

ま、個人的に冬場の乾燥時期によく顔が赤くなるので、
「オレでもいいんじゃないかなぁ・・」とか思うんだけどね。^^;

はっきり言って、こんなお洒落な雰囲気とは似つかわしくない私。
(オレ・・なんておっさんが使う言葉じゃないね⇒私に変換)

どちらかといえば、アウトレイジで、
北野武演じる大友の兄貴に「てめぇ、この馬鹿ヤロー!」と言われているのが似合う感じ。
(あっ、でもすごく腰の低いイイヤツですよ)

あっ、43年生きて来て、はじめて化粧水つけるんだ。
目覚めちゃったら、どうしましょ!?(照れ)
↑ピンクにすんなや!

ぴょっとまず一滴。

説明書に目を通すと、500円玉大との記載が!

で、続けて二滴、三滴で500円玉大ほどに。

使い方の指示どおり、500円玉大を出してはみたけど、
もっちりしながら、しなやかに伸びるので、しっかりと顔全体に染み渡る以上の量。

つまり、ちょっと多く出しすぎた感じ。

アウトレイジ風に言えば、
「多すぎんだよ、馬鹿ヤロー!」

・・・というか、絶対に、私の顔の方があなたより大きいですから、
(変な自信)
ここまで出さなくても、いいんじゃないかな?と。

一応、顔を洗った後につけてみたんだけど、
その後、顔がいつまでもしっとり・・・、触れると気持ちいい!

自分の顔じゃない感覚。

ホント、癖になりそう。(照れ)

・・・というわけで、お見苦しい体験談となりましたが、
この後は、Yusa(アラフォー女性・敏感肌)にバトンタッチしますので、ご安心を。

 顔の赤みの根本からアプローチ【白漢しろ彩】
白漢しろ彩

おっさんじゃない体験記事は、こちらからもご覧いただけます。
白漢しろ彩口コミ評判のリアル!敏感肌40才女性の体験談

赤ら顔の原因とは?


赤ら顔の原因そのものを突き詰めると、血管が拡張することにより血流が増え、
結果、赤血球(の中の主にヘモグロビン)の赤い色が皮膚を透けて見える現象です。

これは、毛細血管拡張症という症状です。

頬や鼻(鼻の周辺)、アゴといった部分が赤くなるのは、
その辺りに皮脂腺が集中していることが主な理由です。

皮脂腺が集中している部分は、炎症が起きやすくなっているからです。

冬場に乾燥によって赤み、赤ら顔が気になる方もあれば、
夏場に皮脂の分泌や紫外線・日光によるアレルギー(炎症)で赤くなる場合もあります。
(どちらの季節も悩んでいる方が多いです)

赤ら顔(酒さ)は、
乾燥肌や敏感肌のかただけでなく、
脂性肌やオイリー肌のかたにも起こります。

年齢や性別といったものも関係ありません。

和漢化粧水「白漢しろ彩」をご愛用いただいているかたが、
10歳~80歳以上の男女と幅ひろくおいでなのが何よりの証拠です。
(女性85%、男性15%、平均年齢41~42歳)

色白で皮膚が薄いとか皮脂分泌が多い、
敏感肌や乾燥肌のかたは赤ら顔を意識していないとしても、
赤ら顔の原因をもっていると言ってよいと思います。